他社に差をつけるサイト作りならホームページ作成業者がおすすめ!

Homepage Creation

売れるネットショップはホームページ作成次第

最近では、ネット専業のお店もあれば、実店舗とネットショップを並行して運営しているお店もあります。実店舗では、地域のお客様にしか買ってもらえないところ、ネットショップなら全国に顧客を持つことができるので、可能であれば、実店舗とネットショップの二本立てでやっていきたい会社が多いのではないでしょうか。
今まで実店舗メインで経営してきて、満を持してネットショップをオープンすることになったら、ホームページ作成が重要な課題になります。ネットショップ利用者の大半は、実店舗での購買経験がないお客様なので、ホームページの情報、イメージ次第で売れ行きが左右されることになります。売れるネットショップ作りのためのホームページ作成なら、専門業者に依頼して、クオリティの高いものを作ってもらいましょう。自作用のリーズナブルなソフトもありますし、お店としては、サイト構築に費用をかけたくないのが本音かもしれません。しかし、売れるネットショップを、ソフトを使った自作ホームページで構築できると考えるのは、いささか甘い見通しと言わざるを得ません。業者に依頼すれば、客観的目線からお店のアピールポイントを評価して、それを効果的に見せるホームページ作成が可能になります。ここはやはり、プロに制作をお願いするべきでしょう。

基本を押さえたホームページ作成は業者に依頼するのが一番

会社について、利用者に知って欲しいこと、特に強調したいことなどは、会社によって異なります。従って、ホームページ作成においても、目玉となるページ、コンテンツは変わってきます。しかし、ホームページ作成で押さえておくべき基本ポイントは、どんな会社のサイトであるかによらず、共通のものが多いです。ホームページ作成は、専門業者に依頼すると、効率よく希望に沿った仕上がりのものを作れるのでおすすめですが、発注者側としても、ホームページのいろはについてはきちんと理解しておきましょう。その方が、作成前・作成途中の業者との打ち合わせがスムーズに進むからです。
ホームページ作成で押さえるべき基本としては、例えば、スマホで見てもPCで見ても、パッと見て、サイトのどこにユーザーが必要とする情報があるかが分かるレイアウトが挙げられます。インターネットで情報を探すユーザーは、ぱっと見でよく分からない場合、すぐに離脱する傾向がある点、よく認識しておきましょう。また、ぱっと見の分かりやすさで言えば、色遣いやフォントのチョイスも大切です。見た目にインパクトがあり、読みやすいのが一番です。業者に作ってもらったサイトも、納品時のチェックとして、こうしたポイントを確認することが大切です。

他社サイトを参考によりよいホームページ作成を目指そう

新規で自社ホームページ作成をする場合、いきなり業者に依頼するよりも、事前にある程度リサーチをしてみるのがおすすめです。ライバル会社のサイトをチェックして、よくできているところと改善した方がいい点をリストアップすることで、それはそのまま、自社用のホームページ作成での注意点として使うことが出来ます。特に、他社サイトをチェックする際、画像または映像と、文章のバランス配分がどうなっているかをチェックすると、参考になる場合が多いです。画像や映像を多めに使用するとしたら、考えられるのは、その方が利用者の嗜好に合う、または、商品・サービスの魅力を伝えやすいということでしょう。文章の量の方が多めのサイトについても同様のことが言えます。前者の例としては、例えばスイーツのお店、ギフトショップ、あるいは映像関連、クリエイティブ系の会社でしょう。後者は、コンサルティングファームなどが典型例と言えます。
このような点も含め、他社サイトを調べて得られた知見については、ホームページ作成を依頼する業者と、事前にきちんとシェアしましょう。そして、自社ホームページ作成の際に、適宜、その内容を取り込んでくれるようにお願いしましょう。

ARTICLE

ARTICLE LIST